人材育成を効率的に行なうには|eラーニングがおすすめ

メンズ

福利厚生はしっかりと

握手する人

働く社員を大事にする姿勢を示す

時代の変化とともに人々の働き方に対する考え方も変わってきています。そういった中で、福利厚生を充実したものにすることはこれから企業が生き残っていくためには必須の項目であると言えます。社会に貢献する会社になるなどのモットーを掲げたとしても、自分たちが会社に守られているという感触を持てない状態では社員は活力を持って働けないものです。給料をもらっている訳ですから最低限しなければいけない業務はこなすものの、そこからプラスアルファのものを出して、さらに会社に貢献しようとする気持ちにはなりにくいのです。従って、福利厚生の充実がこれからの時代は会社経営に課せられた使命なのです。入社を決める際も、福利厚生の内容を応募者は見ています。

時代に沿った福利厚生を考える

福利厚生の中身は、企業によって独自性を出していけばいいのですが、その際には、時代背景も考慮して考えなければなりません。例えば、目標の売上金額を達成した年度には、そのご褒美として社員皆で社員旅行に行くことなどを福利厚生の項目として考える経営者もいます。しかし、現代では昔のように団体で社員旅行に行きたいと思う若い社員は減っているのが現状なのです。わざわざ休みをつぶして上司に気を使う旅行を福利厚生と考えない社員もいますので、十分こういったことを踏まえて検討することが大切です。また、女性の育児休暇制度なども検討するべきです。少子化の時代ですが、子育てをした女性の経験値は企業にとって貴重ですので、こういった社員を大事にする姿勢も重要です。